ビジュー付きの服って素敵ですよね。
アクセサリーを着けなくても、羽織るだけで華やさがアップする便利なアイテムです。
でも、ビジュー付きのものってお値段が高いものが多いですよね〜!
そんなときは、手持ちのプチプラカーデに自分でビジューを取り付けると安上がりですよ!
しかも、自分だけのオリジナルになるので愛着もわきますね。
どういったデザインのものがあるのかアレンジ例をチェックしてみましょう!
さらに、最近は100円ショップでも素敵なビジューがあるので、簡単な付け方などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

プチプラカーデをビジュー付きに!

飾り気のないTシャツにさっと着るだけでも、華やかにしてくれるビジューカーデ。
一枚あると便利ですよね〜。
手持ちのGUのカーディガンをビジュー付きにしました!
クルーネックのカーディガンの首回りにビジューが付いているパターンが多いですね。

材料について

材料はシンプルなカーディガンとビーズです。
私は、GUのライトグレーのカーディガンを使用します。

ビーズはダイソー100円ショップ

ビーズは100圴のダイソーで5点購入。
写真だり上から時計回りに

  • ラウンドビーズ(クリア)
  • デコボタン
  • 台座付きビジュー リーフ型×2
  • マットパールビーズ6mm(写真下)

お好みのデザインによって、ビーズの量は調整してくださいね。
でも、「デコボタン」の金属はシルバーなのですが、「台座付きビジュー」の台座がゴールドなんです!
統一できないのが残念!
ビジューもシルバーで揃えたかった(涙)
でも、台座のゴールドの色味がそれほど強い金色ではないので、大丈夫そうかなと思います。
それだけが今回残念でしたが、いつもダイソーさんの品揃えには感動します。
デザイン的に素敵なものが豊富で助かります。

スポンサーリンク

付け方

1、カーディガンの上にビーズを配置してイメージを決めます。

まず、大きめのビーズの配置を決めます。
色々と置いてみて、好きなイメージを見つけてくださいね。
右側は、葉っぱ風?に置いてみました。
迷った挙句、左側の一直線に並べただけのシンプルデザインに。
その周りに透明の小さなビーズを散らす感じにしようと決めました〜!

デコボタンは、やはり1番上の真ん中に。

2、縫い付けていきます。

台座付きビジューは左右に8個ずつ、パールも8個ずつ交互に付けます。
首回りのフチの線を目安にして、時々バランスを確認しながら縫い付けていきます。
ラインストーンは、二箇所に穴があるので、最低一回ずつはしっかり付けます。

下の方に2個穴がありますね。

3、時々裏で結ぶ

一箇所糸が切れてしまった時に、全部バラバラ〜っと取れるとショックですよね。
ビーズを数個つけるごとに、後ろで玉結びをしていくと、一気にほどけなくなって安心ですよ(^ ^)

パールとラインストーン付け、両側とも完成しました〜!
ここまでで、30分ちょっとかかりました〜!
綺麗に一直線にはできず、ガタガタしてますが…たぶん周りに小さいビーズを散りばめればごまかせそう♪
思っていたより綺麗に縫い付けるのって難しいですね〜。
一回ちょっと休憩します…。

スポンサーリンク

4、真ん中のデコボタンを付ける

今あるボタンが隠れるように、付けていきます。
ボタン穴のすぐ下に中心が来る感じですね。
大きくて思いボタンなので、ボタン裏の中心部分だけでなく、端もしっかり縫い付けます。

こんな感じで、端っこの金属の部分も針を通し縫い付けます。

5、小さなビーズを散らす

パールとラインストーンの外側に、散らすように小さいビーズを縫い付けていきます。
ランダムな感じに縫い付けていくのが素敵かな〜と思います。

6、完成!

できました〜。
やはり、周りに細かいビーズがあると、大きめのビーズがガタガタなのがわかりにくい!…と思います。
所要時間は全部で1時間ちょっとでした。

着てみると、いい感じで気に入りました♪
ただし、ガーゼや綿のストールを上からすると、台座付きビジューの金具が引っかかりそうなので注意が必要ですね〜。
でも、白いTシャツに羽織っただけで、お出かけコーデが作れそう!
もっと手作り感満載の仕上がりになったらどうしようと思っていたのですが、想像より素敵でした(^ ^)

おすすめ通販

やはり自分で付けるのは面倒だし綺麗な出来栄えの市販のものがいい!という方に。

 

↑ビジュー付きにしてはプチプラ!
素敵ですね〜。

 

かなりゴージャス!

 

アンサンブルになると、上品さが増しますね。
このお値段、アンサンブルなら高くないですね〜。

まとめ

台座付き

カーディガンのビジューの付け方、参考にしていただけたら嬉しいです。
もっと素敵なビーズの組み合わせなどを見つけたら、また作って載せてみたいと思ってます。
読んでいただきありがとうございました。

オススメ記事

スポンサーリンク