Pocket

f:id:peachsong:20170224185548j:plain

アテモヤをご存知でしょうか?
とっても珍しい沖縄の南国フルーツです。
とっても甘くてクリーミーで「森のアイスクリーム」と呼ばれています。
食べ方や食べ頃を調べてみたので、栽培法と合わせてご紹介しますね!

スポンサーリンク

アテモヤとは?

アテモヤはとっても甘い果実。
バンレイシ属バンレイシ科のアテス(釈迦頭/シャカトウ)チェリモヤを掛け合わせて生み出された品種。

チェリモアは、ドリアン・マンゴスチンと並んで「世界の三大美果」と称えられてきた果実の1つ。
釈迦頭は英語でシュガーアップルとも呼ばれる甘みの強い果実です。
この2つが掛け合わされた『アテモヤ』、当然のことながら甘くて美味しい贅沢なフルーツなのですね。

アテモヤの旬は?

時期は11月~12月頃に多く出回り、1月~3月頃まで続きます。
沖縄の恩納村が産地としていますが、最近では南部、糸満でも栽培されております。
ハート型で表面に突起があり淡いグリーンカラー。
アテモヤも様々な国で品種改良が行われているとのこと。
ジェフナー 、ブラッドリー、アフリカンプライドなど、現在様々な品種があるそうです。
アテモヤの歴史は100年あまり。
新しい種類の果樹と言え、沖縄県での栽培は、約20年程度だそうです。

アテモヤの味は?

熟すとクリームのように滑らかな舌触りで上品で濃厚な甘みが特徴です。

食べる前に冷やすと
アイスクリームのようなのでバニラアイスやカスタードクリームの味に例えられることが多いとか。
甘みと素晴らしい香りで『森のアイスクリーム』とも呼ばれます。


なんと、マンゴーよりも甘いそうで、糖度は20~25度あるとのこと。
甘くて白いジューシーなクリーム状の果肉が特徴。

スポンサーリンク

値段は?

沖縄でも収穫量は少なく、高値で取引される高級フルーツです。
栽培が難しいこと、生産量が少ないことなどが原因だそうです。
1キロ(3〜5個)あたりで、なんと約4000円前後!
やはり高級フルーツ、良いお値段するんですね。
でもケーキを買うよりはヘルシーですし、時には贅沢スイーツとして取り入れるのも新鮮ですね!
ギフトにも喜ばれそう!

 

 

食べ方と食べ頃は?

アテモヤの通販サイトに、とてもわかりやすい食べ方と食べ頃のページがあったので掲載させてもらいます。

f:id:peachsong:20170226213409g:plain

出典http://item.rakuten.co.jp/okinawa18/10000286/#10000286

冷蔵庫などに入れずに、常温で追熟するのがポイントです!
アボカドと同じですね!

f:id:peachsong:20170226215402g:plain

どうやら冷やして食べるのが一押しのようです!
果実を半分にカットし、スプーンで食べるとのことで、簡単ですね!
旬は冬ですが、暖房やコタツなどでぬくぬくしながらの冷たいものって美味しいですよね〜!
冬に冷た〜い南国フルーツを、温かい部屋で食べるって現代人ならではの贅沢!

たまには良いですよね!

東京で種からの育て方は?

沖縄のフルーツなので、温度管理が重要となり難易度は高めのようです。

種まき

  • 種を蒔くのは5月くらいが目安。
  • 完熟した実、黒くて大きいものを選ぶ。
  • 熱帯性の植物は種のまわりの果肉に、発芽を抑制する物質が含まれていることが多いので、種をしっかり水洗いして、果肉を取り除く。
  • 水につけてみて沈むものが良いらしい。
    そのまま水に一晩つける
    ※このとき種皮を、やすりや爪切りで傷つけると発芽しやすくなる。
  • 種を蒔いてから発芽まで1ヶ月〜3ヶ月以上かかる場合もあるそうです。
    発芽率は良くない様なので、種は多めに蒔いておいたほうがよさそうですね。
  • 種を用土にまき、浅く覆土する。
    その後たっぷり水をやる。
  • 発芽までは土を乾かさないように注意する。
    でも水をやりすぎると種が腐りやすくなるので注意!

育て方・注意点

  • 水はけの良い土壌にすること。
    例えば『赤玉小粒6:川砂3:腐葉土1』など。
  • 表土が乾いたらたっぷりと水やり。
    夏場は水切れしないよう留意する。
  • 冬の水やりは控え目で、用土が完全に乾かないようにする。
  • 日光:日当たりの良い場所。発芽直後は半日陰で。
    30度を超す気候は苦手なので、夏場は遮光するか・涼しいところで管理。
  • 最低気温が15度以下になった場合、水の上げ過ぎに注意し、冬季期間は乾燥気味にするとよく育つ
  • 花を付ける為には人工授粉をしてあげる必要がありますので、やわらかい筆などで受粉させる。

育てている方の栽培ブログなどを見てみると、東京など関東では10月下旬には室内に入れている様ですね。
枯らしてしまったという方も結構いらして、やはり難易度は高めなのかな?
でもベランダで気軽に育て始める方も多い様なので、チャレンジしてみるのも良いですね!
美味しいフルーツがベランダでなってくれたら嬉しいですものね!

さいごに

トロピカルフルーツって、ちょっと謎めいてて魅力ありますよね!
マンゴーやパパイアが大好きなので、今年はアテモヤを買ってみようかなと思っています^^

読んでいただきありがとうございました。

オススメ記事

スポンサーリンク