ライスミルクってご存知でしょうか?
米から作った飲料のことで、低脂肪・低カロリーでありながら、栄養価が高く欧米では大人気です。
牛乳、豆乳に続く、第3のミルクと呼ばれる、ライスミルク。
その効能と、近年ブームになっている甘酒との違いも併せて、ご紹介しますね。

ライスミルクって何?

ライスミルクの基本原料は、玄米(白米)と水のみです。
白米よりも栄養素が豊富な、玄米で作られていることが多いようです。
市販されているライスミルクは、甘味料等の独自の工夫を加え飲みやすくしているものもあります。
お米そのものの風味を味わうことができます。

玄米には、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富にふくまれており、これだけでほとんどの栄養を摂取することができ健康効果が期待できます。
料理にも、牛乳や豆乳代わりに使えますので、牛乳や大豆アレルギーの方も利用できますね。

簡単に作れる!

シンプルなものなので、炊いた玄米大さじ1~2と水200mlをミキサーにかければ、簡単ライスミルクの出来上がりです。
そのままだと、薄いお粥のような感じなので、オイルを加えコクを出すと飲みやすいです
ココナツオイルもオススメです
さらに、メープルシロップやシナモンなどをお好みで加えて、美味しく飲みましょう。
でも長持ちはしないようなので、飲む前に、その都度作りましょう

ライスミルクの栄養と効能

GAVAで、リラックス効果も!

ライスミルクの原料、玄米に含まれるGAVAは、アミノ酸の一種で脳の神経伝達物質の材料の1つです。
GABAにはストレスを抑制し、気持ちを落ち着かせてくれる効果があるとされています。
現代はストレス社会、ほとんどの人は、何かしらのストレスを抱えてますよね。
言うまでもなく、ストレスが過剰になると、体調やお肌が不調になったり、ダイエットが上手くいかなくなるなど、様々な弊害が起こります
GAVAを摂取してみるのも、ストレス解消法の1つかもしれないですね。

ビタミンB1、ビタミンB2が豊富!

原料である玄米は、ビタミンB1が豊富です。
ビタミンB1は体内で糖分と結びついてエネルギー変わり、糖質の代謝を向上させてくれます。
ビタミンB2は、脂肪の代謝を促す働きをしてくれます。
血糖値を下げる働きもあるそうですよ。
ダイエットにも効果的なんですね!

ビタミンEで、美肌・美髪効果!

ライスミルクのビタミンEなどの成分が、老化の原因となる体内の活性酸素の発生を抑え、肌や髪を艶やかにしてくれるといいます。
シミやシワを防ぎ、メラニン色素の生成を抑える効果が期待できます。

ミネラルも豊富!

ライスミルクには、骨や血液の材料となるカルシウムや鉄などの、ミネラルが豊富に含まれています。
これらは体内で作ることのできない栄養素なので、食事から取り入れることが必要です。
ライスミルクには、白髪や脱毛を防ぐミネラル成分、セレニウムも含まれているんです。

食物繊維、カリウムも豊富

また、豊富に含まれる食物繊維などにより、代謝がよくなり美肌効果も期待できます。
代謝がアップすると、肌のターンオーバーが正常に行われるようになり、肌の再生能力が高まります
食物繊維が、老廃物を体外に排出するので、便秘解消効果が期待できます。
さらに、カリウムが体内に余分に溜まった水分を出すため、むくみ改善などの効果が期待できます。

味は?「まずい」という意見もありますが…。

img_2756
そのままでも甘みがありますが、温めると甘みが増します。

ライスミルクに限らないですが、商品によってちょっと味が違います。
今までで、私が美味しかったと思ったのは、

・有機発芽玄米ギャバライスミルク
です。輸入ものですが、外国産ぽくないというか、クセがあまり感じられませんでした。
発芽させることで甘みを出しているそうで、もちろん砂糖は入ってないのに、結構甘かったです。

・GEN−MY・米糖化飲料も甘みがあって香ばしく、麦こがしを思い出す味です。

・キッコーマンのライスミルクも、クセが少なくてあっさりしていて美味しかったです。

コーヒーにいれても、違和感なく合いました!

甘酒との違いは?

ライスミルクは、玄米(白米)を細かくして水と混ぜたものです。
一方、甘酒は発酵食品の1つで、持っている栄養素も違います。
ライスミルクにあるGABAは甘酒にはないですし、カロリーはライスミルクの方が断然低いです。
ですが、甘酒は腸活に使われるほどデトックス効果が高いので、ダイエットには向いているんです。
例えば美白効果のあるコウジ菌など、甘酒にはライスミルクにはない栄養素もあるので、目的や体調で使い分けるといいですね。

甘酒は「飲む点滴」と言われるスーパードリンク!

甘酒は近年、「飲む点滴」とも言われ、栄養価の高い飲み物としてブームになり注目されています。
昔から甘酒は日本人を支えてきた飲み物です。
夏の暑気払いに、甘酒を飲む習慣があったため、俳句の夏の季語に「甘酒」もあるそうですよ。

米麹の甘酒を!

本来の甘酒は、米麹から手間をかけて作るものです。
麹菌が、甘酒の原料であるお米を醸すことで、発酵します。
砂糖を入れなくても、麹の糖化でとても甘くなるんです。
そして、100種類以上の酵素を生み出し、さまざまな栄養と美容効果が期待できるのです。
「飲む点滴」と言われるように、栄養剤に成分が似ているといわれるのは、こうして作られた米麹甘酒のことなんです。

でも、市場に出ている甘酒は、酒粕を使った「甘酒もどき」が多いといいます。
甘酒と名前はついているけど麹が使われていないものが市場の8割以上とも言われてます。
酒粕から作る甘酒は、甘味を加えるないと甘くないので、砂糖など甘味料が添加されているものが多いです。
本来の「甘酒」を期待する方は、きちんと原材料などを確認して購入しましょうね。

手作り甘酒もオススメ!

また、酵素は高温には弱く、市販のものは加熱処理されてる場合もあるので、気になる方は手作りがおすすめです。
炊飯器やポットで作れますし、時間はかかりますが、作る工程は簡単です。
様々なレシピがあるので、お気に入りを見つけてみましょう。

美味しい玄米食を取り入れるのも!

わざわざライスミルクを飲まずとも、食事で玄米の栄養を摂りたい!という場合は、こちらの炊飯器もおすすめ!
2年くらい愛用中のなでしこ健康生活炊飯器です。
発芽玄米が簡単に炊けます。
良いお値段しますが、それなりのかちはあるかなと思います。
電磁波の影響がないマイコン式なのも決め手でした〜。

まとめ

ライスミルクは、普通のスーパーでは中々手に入らないですよね。
通販では、輸入品なども含めたくさん種類がありますので、興味ある方は探してみてください。
美容にも良いライスミルク、もっと流行って、スーパーなどにも並んで気軽に買えるようになると良いですよね。