Pocket

甘くて瑞々しいフルーツ、美味しいですよね。
食後のデザートに食べることも多いと思います。
でも、実は食後にフルーツを食べると、太りやすくなるなどのデメリットがあるのです!
逆に、フルーツを食前に食べると良いことがいっぱい!
その理由や、しくみをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

食前にフルーツ!食物繊維で血糖値を緩やかに!酵素をしっかり!

フルーツは食事の30分くらい前に食べるのがオススメ

理想的な食べ方は、食事の30分位前の空腹時に食べることです。
フルーツにたくさん含まれる食物繊維は、吸収するのに時間がかかります
そのため、血糖値の上昇を穏やかにして、脂肪になりにくくなります。
そして、フルーツを食べた後には、食事を摂っても血糖値が上がりづらくなるのです。

生のフルーツには酵素がたくさん!

フルーツには、食物繊維の他に、ビタミンやミネラルも含まれており、さらに大切な酵素も含まれています。
一般的な食事は、2~4時間かかって胃から腸へと届きます。
でも、フルーツには酵素が多く含まれているので、たったの30分で腸まで届くんです!
腸にとどいた酵素は、腸内細菌を活性化させておいてくれます
そして後から食事で摂った食べ物を、しっかりと分解吸収してくれるので、エネルギーに変わりやすいのです。

フルーツを食後に食べると…?

フルーツを食後に食べてしまうと、腸に進もうとするフルーツを、ご飯やおかずが邪魔をしてしまいます。
そうして立ち往生したフルーツは胃酸を中和してしまい、消化されずに酸化し始めます。
他の食品と共に、少しずつ腐敗や発酵をしてしまうそうです!
この過程で体にとって毒性のものが発生し、解毒機能を持つ肝臓に負担がかかります。
さらに口臭の原因にもなるんです!
分解しきれないものは皮下脂肪にも蓄積されて太る原因にもなってしまうのです!
食後にフルーツを食べることは、デメリットしかないようです!
フルーツは食後ではなく、食前か空腹時の食間に食べましょう。

スポンサーリンク

朝一番にもフルーツ!

私たちの体は、朝の浄化と排出をする時間と言われています。
フルーツに含まれる酵素は、体の不要な物質を排出を助けて、身体の代謝を上げてくれるので、余分な脂肪がつきにくくなります。
さらに、エネルギー源となる糖分や、体に必要なビタミン、ミネラルを補給してくれます。

中でも就寝中の渇いた体を潤すために、水分の多めのフルーツがおすすめです。
体を冷やさないように、よく噛んで食べると良いですね!

スポンサーリンク

フルーツにたくさんある酵素って?

生きるのに絶対必要な酵素!

私たちは生きる上で、様々な栄養を必要とします。
主要栄養素である、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、などなど…。
でも、そういった栄養素よりも、一番大切なものが酵素です。
いくら主要な栄養素をたくさんとっても、酵素がなければエネルギーにできないのです。

酵素は体内でも生成されますが、その能力は、遺伝子によって決まっているそうです。
作れる酵素の量には限界があるので、食べ物で補ってあげることが大切ですね!

酵素の大切な2つの働きは、「消化」と「代謝」!

体内で作られる潜在酵素は、大きく分けて「消化酵素」と「代謝酵素」の2つがあります。
酵素の足りてない食生活をしていると、消化酵素ばかり使うことになり、代謝酵素のほうが不足してきます。
消化酵素も代謝酵素も出所は同じだからです。

代謝酵素は、免疫力、治癒力、新陳代謝などの働きをしてくれます。
この酵素が不足すると、ウイルスなどを防衛できなくなります。
風邪をひきやすくなったり、治りが悪くなることもあります。

よく体調不良のときに食欲がなくなることありますよね?
これはじつは、自然治癒力の1つなのです!
体内にある酵素を消化に使わず、代謝酵素に回そうとするからです。
だから、食欲をなくなるように脳が指令を出すそうですよ。

「風邪だから栄養取らなきゃ!」と無理に食べてしまうのはダメだそうです。
せっかくの代謝酵素の働きが弱くなり回復が遅れてしまうとのことです。

フルーツを常備して美味しく便利に!

私たちの体は、酵素がとっても大切なんですね!
酵素は加熱したものには含まれていません!
酵素をしっかり摂るためにも、フルーツを常備しておくと便利ですよ。
生野菜や発酵食品でも、もちろん良いですが、フルーツなら、そのままで美味しいし、気軽に食べやすいですよね!
子供も、進んで食べてくれるので、ママにとっても助かりますね!

 これからフルーツを摂るときは、タイミングを重視してください!
朝一番か、食前か、おやつなど空腹時にフルーツを食べて、しっかりとフルーツのパワーを摂取しましょうね!

スポンサーリンク

オススメ記事

スポンサーリンク