Pocket

出典・http://www.mother-house.jp/jewelry/collection/srilanka/

マザーハウスをご存知でしょうか?
上質なバッグやストール、ジュエリーなどを扱うお店です。
バッグが有名なマザーハウスですが、最近はジュエリーも人気となっています。
宝石の宝庫と言われるスリランカのカラーストーンを使ったジュエリーも、2016年から登場。
早速チェックしてみましょう!

スポンサーリンク

マザーハウスって?

マザーハウスは、『途上国から世界に通用するブランドをつくる。』をモットーに山口絵理子さんが設立したブランドです。
マザーテレサから命名されたとのこと。

「途上国」という言葉で一括りにされた場所にも素晴らしい資源と可能性があることを伝えたい。
それが、マザーハウスの使命です。
途上国にある工場で、同じテーブルに向かい合い、
同じ言葉で議論をし、同じ目標に向かって、一つ一つ丁寧にもの作りをしています。
同じ目標、それは、お客様の心を動かす商品を「途上国発のブランド」として胸を張ってお届けすることです。

出典 https://www.facebook.com/pg/motherhouse.jp/about/?ref=page_internal

途上国の眠っていた素晴らしい素材や技術を見つけ出し、現地で雇用を生み出していきます。
バングラディッシュのマザーハウスでは、現地の平均雇用賃金の約2倍以上の給料だそうです。
ですから、マザーハウスに務める人々は誇りと責任と希望を持って働けるのだそうですよ!
途上国の工場で、一緒に作り、日本で売るというスタイルです。

でももちろん、「貧しくてかわいそうな国の物だから買う。」というのではなく、本当に欲しいと思われるものを作るというポリシー。
だからこそ、途上国の人たちのプライドや希望が保たれ続けているのでしょうね。

ザダンシリーズのバッグが人気!

出典・http://shop.mother-house.jp/item/MG11380.html

↑こちらはザダントート。
シンプルで温かみがあるけど、都会っぽくもありますね。
他にもビジネスバッグ、メッセンジャーバッグ、財布などもあります。
詳しくはこちら。
http://shop.mother-house.jp/item_list.html

ザダンシリーズは、座談会から生まれた商品。
「お客さまとつくる 商品企画会議 座談会」から、細かなこだわりを生かしながら作るそうです。
カッコよくて使いやすいと人気の商品だそうです。
お客さんの声を聞いているので、評判が良いのも納得ですよね。
使い心地が良いので、バッグの次は長財布も!とシリーズで持つ方もいるとのことです。

メッセンジャーも人気!

メッセンジャーバッグは、体に馴染むかどうかってかなり重要です!
お気に入りのバッグで出かけると、なんだか気分も良いんですよね。

スポンサーリンク

ジュエリーも素敵!

出典・http://www.mother-house.jp/jewelry/collection/indonesia/necklace.html

2015年8月、インドネシアから線細工を使ったジュエリーが登場。
山口さんは、訪れた国でいつもそうするように、インドネシアをたくさん歩き回って、自分の直感を大切にして、何にスポットを当てれば良いか考えるそうです。
そして、見つけたのがフィリグリーと呼ばれる銀線細工!
繊細でセンスの良いデザインです。
1ミリ以下の金線で作る繊細で可憐な線細工の美しさを表現しているそうです。
「胡桃」や「軌道」といった詩的な商品名も素敵なんです。
詳細はこちら
http://www.mother-house.jp/magazine/column/indonesia/

スリランカの天然石ジュエリーが登場!

 

出典・http://www.mother-house.jp/jewelry/collection/srilanka/necklace.html

↑このネックレス、欲しいです〜。
18金ゴールドと、サファイアの組み合わせ。
「good luck」という商品名もセンス良いですね。
48600円(税込)、お手頃価格とは言い難いですが、オシャレで上質な雰囲気が魅力的。
大切な人へのプレゼントにも良いですね!

山口さんは、インドネシアジュエリーを発売後、お客さんに「次は宝石を使ったジュエリーですね!宝石ならスリランカですよ!」と言われたことがきっかけで、スリランカに目を向けたそうです。
カラーストーンの宝庫であるスリランカ。
日本ではダイヤモンドがとても人気で、色のついた石は安っぽいとみなされることもあるので、様々な工夫をして、色石のカラーストーンの魅力を最大限に引き出した商品を生み出したそうです。
ブリリアンカットにこだわらず、宝石の特徴を生かしたカットにも挑戦しているそうです。

詳細はこちら
http://www.mother-house.jp/magazine/column/sri-lanka/

本も面白い!

山口絵理子さんが出している本、面白くて、とても評判が良いようです。
マザーハウスの商品についてもよりよく理解できますね。
山口さんは、大変な苦労と努力を積み重ねながらも、楽しんで仕事をしていることがわかりました。
感動して、勇気付けられます。

さいごに

マザーハウスの商品は、細かなこだわりと、上質で丁寧に作られているのが魅力なんですね。
私はバッグしか実物を見たことないので、今度お店でジュエリーを見たいと思います!
またいずれ、新たな国の新たな商品が登場するのでしょう、それも楽しみですね!

オススメ記事

スポンサーリンク