男女問わず人気のボーダ柄。
時代に関係なくいつの時代も愛されていますね。
でも、40代アラフォー世代のボーダーは「おばさんファッション」と言われてしまうことも。
せっかくの素敵な柄なので、脱おばさんコーデをしたいものですね!
おばさんぽくならないポイントや、おすすめ人気ブランドをチェックしてみました。

スポンサーリンク

ボーダー柄といえばカットソー素材のトップスが定番ですね。
一枚あるととても便利で合わせやすい柄物です。
ボーダー柄のワンピースやニットも使いやすい便利アイテムです。
40代アラフォー世代にもオススメの柄です。
ボーダー柄は「おばさんぽい」と言われがちですが、おばさんぽくならないポイントをまとめてみました!

脱おばさんポイント

  • プチプラボーダーで濃い色の色あせたものを着ない
    ネイビーなど濃い色が色あせた生地のボーダーは、くたびれた雰囲気が出てしまうので避けたいですね!
  • Aラインのチュニック型は避ける
    チュニック丈で緩やかなAラインシルエットは、お尻を隠したい感がおばさんぽくなりがち。
  • デニムと合わせるならスリムかワイド
    ストレートのラインのデニムにボーダーは、定番×定番すぎて野暮ったいおばさん風になる危険も!
    上も下もストーンというシルエットのコーデには、スニーカーではなくパンプスなどを合わせると良いですね!
    デニムのワイドパンツは裾をインしてウエストマークして着るのもオシャレ。

もちろん、ケースバイケースですが概ねこんな風かなと思います。

スポンサーリンク

ボーダーコーデ

ボーダーによく似合う定番コーデは、デニムとチノパンですね。
他にも合わせやすいアイテムがたくさんあるので、色々試してみましょう!

+マキシスカート

GUのチノマキシスカートと組み合わせ。
ちょっと大人っぽい爽やかさがあって、気に入っています。
帆布のトートバッグやスニーカーを合わせるとマリン風コーデに♪
関連記事→GUの40代コーデ・2017年秋冬のおすすめ!チノマキシスカート&チェックパンツ

+カラーパンツ

ワークパンツやテーパードパンツとも合わせやすいです。
春夏はロイヤルブルーのコットンパンツと着ています。

ボーダーワンピ+レギパン

動き回る日に、ぴったりの楽チンコーデ。
ワンピースは数年前購入したテチチのニットワンピです。
ユニクロのレギパンと合わせています。
関連記事→ユニクロのレギンスパンツコーデ!秋冬のおすすめカラーは?

ボーダーワンピ+ミモレスカート

ボーダーワンピは、スカートにインしてトップスとしても使えます。
冬は暖かいので、実用性も兼ねたコーデ!
ゴムのスカートだとニットをインしても苦しくないので便利です^ ^
スカートはGUのものです。

ボーダーワンピ+フレアロングスカート

こんな風にモノトーンで揃えると、おしゃれ上級者コーデですね。
ボーダーの裾はぴっちり入れず、少しブラウジングするのが華奢見えポイントですね。

↑綺麗にまとめたカジュアルコーデ。
ベージュの太ボーダーと同じブラックのベストを合わせることで、統一感が出てますね。
ベストを着たことで、ボーダーが全面に出ないので大人っぽくお洒落な装いに!
黒のベレー、カーキのパンツ、白のコットントートとベーシックカラーのバランスが抜群の素敵なコーデです。

スポンサーリンク

おすすめボーダーブランド

ボーダーシャツというと、少し厚地のカットソー素材で長袖や七分袖くらいのものが定番ですね。
シンプルなボートネックの「バスクシャツ」と呼ばれる形が一般的です。
人気のボーダーといえば「オーチバル」か「セントジェームス」が2大ブランドではないでしょうか?
どちらもフランスのブランド、海を感じさせるマリンコーデの定番ブランドです。
さらに、もっと気軽に楽しめるプチプラボーダーのブランドもあります。
お好みに合わせて参考にしてくださいね。

1、ORCIVAL(オーチバル / オーシバル)

オーチバル(オーシバル)は、フランス中部の小さな村の名前が由来です。
1939年フランスのパリで始まったブランドで、かつてフランス海軍にマリンシャツを提供していた歴史があります。
オーチバルの生地は特別なラッセル生地でできています。
糸を非常に多く使用した複雑な構造で、フランス国内に数台しかない縦編み機で時間をかけて編むので、大量生産は不可能なものだそうです。
ミツバチのマークのワッペンがポイントで可愛い!

とても丈夫で高品質なので、長く愛用できるブランド。

【2017秋冬】ORCIVAL オーシバル ラッセル ボートネック

上記のコーデで紹介したボーダーシャツです。
定番のパネルボーダーのバスクシャツ。
マリンコーデの決定版アイテムですね。

私は、もう10年以上も着ていますが生地が丈夫なのでまだまだ活躍してくれそうです。
手持ちの服はプチプラアイテムがほとんどなのですが、このボーダーは30代の頃に一目惚れしてして購入したもの。
とても気に入っただけあって、10年以上たった今も愛用してます。

今年の運動会もこれ!
お気に入りのコーデ

ニットも気になる

【2017秋冬】オーチバル メリノウールストライプ

ウールのストライプ柄。
肩落ちのラインが今年っぽいシルエット。
配色やパターンも大人の気品を感じて、とても素敵です。
きれい目のパンツやデニムに合わせたいですね。

定番ボーダー

【2017秋冬】オーシバル オーチバル 長袖カットソー 

↑ベーシックなボーダー柄。
カラーバリエーションが豊富すぎて迷ってしまいます。
程よい空きのボートネックが可愛いです。
スカートにインして着てもオシャレ!

セントジェームス

セントジェームスのシャツは、フランス・ノルマンディー地方船員さん、漁師さんが着ていたもの。
タグには「Né de la mer」(フランス語で「海から生まれた」)の言葉あり、自然と共存するノルマンディーの海の暮らしから生まれたことを表現しているそうです。
ロゴには歴史的遺産のモンサンミッシェルが描かれていて、この地を誇る気持ちがうかがえますね。
しっかりとした綿素材は、洗濯機でたくさん洗っても安心。
たくさん着ても良い感じの風合いが出るので、長く愛着を持って着れますね。

太ボーダー

 

SAINT JAMES セントジェームス 太ボーダー

太めのボーダーがオシャレ!
カジュアルにデニムと合わせても、スカートなどとシックな雰囲気で合わせても!
フレンチ感のあるパリっぽいコーデができそう!

定番ボーダー

SAINT JAMES [セントジェームス] MEN’S/LADY’S

カジュアルブランド

1、コーエン

男女ともに人気のカジュアルブランド。
キッズもあり、おしゃれなファミリーのファッションというイメージも。

太ボーダー

coen 【新色登場・大人気・】USAコットンボーダー

今年っぽいバーガンディカラーのボーダー。
トレンド感のあるボーダーコーデができそうです。
季節を問わない綿素材ボーダーは一枚あると便利ですね。

ボーダーニット


UNITED ARROWS green label relaxing ボーダー ニット ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング ニット

首の空きが狭目で暖かそうなボーダーニット。
肩のボタンもオシャレですね。
秋冬ならではのアイテムは、コートやブーツに合わせてカラーを選ぶのも良いですね。

2、antiqua(アンティカ)

アンティカは、楽天やZOZOで大人気のブランド。
少し個性的でこだわりのある洗練された大人ファッションアイテムがそろいます。

大hitニットに待望のボーダーver.

太さの違うボーダーの組み合わせ、配色が絶妙。
アートなおしゃれ感のあるボーダー。
Vネックの空き具合も鎖骨をきれいに見せてくれそうでデートにも良いですね^ ^。

3、イーザッカマニアストアーズ

様々なトレンドのカジュアルアイテムが揃う大人気のお店。

ワンピース 綿100% / バスクワンピース

裾がすぼまったコクーンラインが新鮮ですね。
爽やかな大人カジュアルコーデに!

まとめ

ボーダー柄は、夏はもちろん冬も素敵ですよね。
コートからのぞくボーダーニットや、ボーダーとマフラーを合わせたコーデもオシャレ〜!
私はマリン風コーデが大好きで、横浜や鎌倉に行く時には必ずマリン風を意識して、海コーデを気取ってます。
一緒に出かける人は気づいてないかもしれませんが…笑。
読んでいただきありがとうございました。

オススメ記事

 

スポンサーリンク