Pocket

ヨーグルトバークをご存知でしょうか?
最近人気急上昇中の、ヨーグルトを使ったアイスです。
簡単に作れる冷たくてヘルシーなアイスは、子供のおやつにも喜ばれます。
フルーツやシリアルなどでアレンジすれば朝食にもぴったり!
作り方やアレンジ方法など、試して見たのでご紹介します。

スポンサーリンク

ヨーグルトバークとは

 

So pleased my matcha yogurt bark worked! #matcha #yogurtbark #pistachios #gojiberries

Rosalindさん(@rosalind_katie)がシェアした投稿 –

ヨーグルトバークは、アメリカのインスタから大流行したヘルシーでオシャレなアイス。
元々はギリシャヨーグルトを使ったものですが、普通のヨーグルトでも作れます。
ギリシャヨーグルトは水分の少ないとても濃厚なヨーグルトなので、普通のヨーグルトを使う場合は水切りして使います。

簡単レシピ(アボカド入り)

人気のアボカド入りを作ってみました。

材料

  • ヨーグルト…1パック
  • アボカド…半分
  • はちみつ…大さじ1〜2(お好みで)
  • 冷凍ブルーベリー、シリアル、ジャム、(お好みで)

作り方

  1. 器の上に、キッチンペーパーを数枚乗せた、ザルやこし器などをセット。
    キッチンペーパーを数枚敷いて、ヨーグルトを1パックをいれ、冷蔵庫に入れる。
    最初の1時間ほどで、水分がたくさん器にたまるので、捨てる。
    (もしくはパン作りやお菓子作りに使う)
    3時間くらいで水切りヨーグルト完成!
    (私は念のため一晩おいてます)
  2. アボカド半分をフォークで潰して、はちみつと共に水切りヨーグルトに加える。
  3. パットの上にクッキングペーパーを敷き、水切りヨーグルトを入れて、平たく整える。
  4. 冷凍ブルーベリー、シリアル、あんずジャムをバランスよく散らして完成!
    ブルーベリーは少し埋め込む感じにします。

ほんのりグリーンがかったヨーグルトバーク。
家に余っていたもので作ってしまいましたが、あんずジャムと、冷凍ブルーベリー、大麦シリアルの組み合わせはバッチリでした。
冷たくても、しっかりアボカド風味を感じるのが意外!
はちみつ大さじ1で作ってますが、甘さはほのかです。
その分、ジャムの甘さが引き立って美味しかったです。
甘いのがお好きな方は、はちみつの量を調整してくださいね〜!

スポンサーリンク

食べ方はフォーク?

ヨーグルトバークは、ランダムに割って食べるのが一般的のようですが、とても溶けやすいので、手だと食べづらい感じがします。
私はフォークで割って、すくって食べています〜。

子供向けアレンジ

子供のお友達が遊びに来るので、子供向けヨーグルトバークを作ってみることに。
子供向けに、甘さを少し足して、丸い形に固め、棒付きにしました〜(^ ^)

材料(6個分)

  • ヨーグルト…1パック
  • はちみつ…大さじ3
  • グレープフルーツ、キウイなどフルーツ。
  • カフェスティック3本(木の棒)
100円ショップに売っている、木のスティックを使いました。

作り方

子供向けに甘さを少し足しました!
上記の作り方で、水切りヨーグルトまでは同じです。
フルーツは小さめに、薄く切っておきます。

  1. 水切りヨーグルトを丸く整えてパットにのせ、フルーツを載せる。
  2. カフェスティック(木の棒)は、そのままだと長すぎるので、半分にハサミで切って使います。
    1つ1つに真ん中くらいまで、スティックを刺し、冷やし固めたら完成!

なかなか可愛くできました〜!
子供いわく「ちょっとチーズみたい。」とのこと。
水切りヨーグルトって確かにチーズ風ですよね。
あずきバーに負けないくらい固いところも好きです、笑。

まとめ

ヨーグルトバークは、とても、ヘルシーでコクのあるアイス。
見た目も可愛いので、おもてなしにも喜ばれます。
ぜひ参考にしてみてください!
読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク