Pocket

40代になると、友人の結婚式に招待される頻度は段々と減ってきますね。
代わりに、結婚して親族が増えたことで親族の結婚式に出席することが増える方もいるようです。
親族の結婚式となると、何を着ようか悩むことあります。
そこで、アラフォー40代女性にオススメの結婚式コーデをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

親族の結婚式

親族の結婚式に出席する場合は、招待客というよりホスト側であるという意識を持つのがマナーと言われます。
ですので、ファッションは華美なものより、きちんとしたフォーマル感を重視するのが良いようですね。
40代アラフォー世代という年齢にもふさわしく、露出度は控えめに上品に装いたいものです。

色はネイビー、ブラック、ベージュ

服の色は、紺、黒、ベージュの3色が定番です。
一番自分の雰囲気に合った色を選ぶと良いですね。
同じ色でも、生地の素材や質感によって、光沢や凹凸感などの違いで雰囲気が変わります。

髪型や小物

ミディアムやロングヘアの方はまとめ髪の方が、きちんと感が出るのでオススメです^^
アクセサリーはパールが基本ですが、服によって合うものを選ぶと良いですね。
靴はパンプス、ストッキングはナチュラルカラー、パーティバッグが基本スタイルと言われています。

おすすめのドレスワンピース&スーツ

フォーマル感がありながらも、お祝いの席にふさわしい華やさも欲しいですね。
アラフォー世代にふさわしいと思われる素敵なアイテムを選んでみました!

1、レースのドレスワンピース

やはりワンピースは一番好まれるアイテムですね!
一枚でコーデが完成するので、見た目だけでなく実用性にも優れています。

結婚式  フォーマル 花柄 レースワンピース

↑レース使いのワンピースは、女性らしくて美しいですね。
袖だけ透けるデザインが、地味すぎない控えめな華やかさを演出しています。
ネイビーやブラックの方が年間通して使いやすそうですね。

親族向け服装 結納 アフタヌーンドレス 7分袖 

上下のコントラストが美しいワンピース。
控えめなタイトシルエットがとても上品です。
レースの色や分量が絶妙で品がいいですね。

2、ノースリーブ+ボレロ

ノースリーブなど肩出しドレスの場合はボレロなどを羽織るのが親族のマナーです。
ノースリーブのワンピースは、食事会などでも使えそうですね。

【神山まりあ★大特集】 結婚式 ワンピース パーティードレス フォーマルドレス お呼ばれ ドレス フォーマル 服 服装 ミセス ブライズメイド 大人 上品 20代30代40代 大きいサイズ 春 夏 秋 冬 パーティドレス パーティー 母 通販 着痩せ ノースリーブ 膝下 女子会 ミモレ丈

すっきりとしたIラインのドレスワンピース。
部分的にレースが使われているのがオシャレですね。
肩出しノースリーブなので、親族の結婚式ならボレロを着用するのがマナーです。

ボレロ ジャケット 

ドレスやワンピースに合う短めのボレロは、1つ持っていると便利。
ワンピースと同系色でも、あえて変えるのもオシャレですね。

結婚式 ボレロ 

↑シフォンのタイプもフェミニンで素敵ですね。
春夏にはこういった軽やかな素材が良いですね

3、セットアップ(スーツ)

ウエストの切替がおしゃれなノーカラーツーピース

↑ウエストの異素材の切り替えが素敵ですね。
スカートの裾タックがオシャレで動きやすそうです。

トールサイズ アンサンブル フォーマルワンピース
↑こちらは身長160cm以上の方におすすめのワンピーススーツ。
スカートが短めになってしまうことがなく、上品に着こなせます。
上品な光沢感とシルエットが素敵です。

パーティードレス ワンピース

↑シンプルな素材のセットアップ。
少し華やかなタイプのアクセサリーを着けると映えますね!
こちらは、サイズが豊富にあるのが嬉しいです。
ふた通りの着回しが楽しめるのでお得感もあります。
結婚式は、スカートが良いですね。

結婚式 フォーマルスーツ

↑50代になっても長く着れそうなフォーマルスーツ。
繊細なレースのジャケットが上品ですね。
スカート丈が選べます。

4、パンツスーツ

フォーマル セットアップ 

↑女性らしさのあるパンツスーツ。
優雅なペタルスリーブが、腕をほっそり上品に見せてくれそうです。
トップスの裾のカットラインの曲線が美しくて、フェミニンですね。
パンツなのに、とっても女性らしさを感じる服装です。
でも、マナーに厳密な方は「パンツはNG」という方もいるようなので、気になる方はワンピーススーツが良いですね

まとめ

親族側として出席する結婚式は、服装をはじめ色々と気を使うことがありますね。
服装や小物など早めに準備をしておくと、安心です。
40代の結婚式ファッション、参考になれば幸いです。
読んでいただきありがとうございました。

おすすめ記事

 

スポンサーリンク