「ハーブティー」、普段の生活で飲むことありますか?
あまり馴染みのない方も多いと思うのですが、頼もしい効能があるのです。
ヨーロッパでは古くから民間療法に使われ、活用されています
様々な種類がありますが、今の季節に役立つ風邪やインフルエンザ予防に効くもの4つをご紹介します。

スポンサーリンク

エキナセア

「天然の抗生物質」とも言われる、頼れるハーブ

北アメリカ原産で、草原地帯に自生していましたが、その効能が注目され現在は世界各地で栽培されています。

「天然の抗生物質」とも言われ、免疫力を向上させて、最近やウィルスによる炎症を抑えます。
体の抵抗力を高めるので、様々な病気の予防に効果が期待できます。
また、風邪やインフルエンザにかかってしまった時に、回復を早める効果があるといわれています。
喉の痛みなど、症状を和らげてくれる働きがあるそうです。

エキナセアは、花粉症などのアレルギーに対しても有効とされ、医療の分野でも研究が進められています。
味や香りは薄く、ハーブっぽい感じがあまりしないなと思いました。

エルダーフラワー

万能の薬箱と呼ばれる、スーパーハーブ!

エジプト文明のころからあると言われる歴史あるハーブです。
古くから薬効があるとされ、広く民間療法に使用されてきました。

風邪やインフルエンザの諸症状を和らげてくれる効果が有名です。
発汗作用、アレルギー緩和の効能もあるといわれています。

濃く入れたエルダーフラワーのお茶をうがいに使うのが効果的と言われています。
ヨーロッパでは、このお茶に砂糖を加えたものをエルダーフラワーコーディアルと呼び、子供も飲みます。
お湯や炭酸水で割ったり、シロップとして使うこともあるそうです。
風邪を引いてしまった時に飲んだり、風邪予防薬としています。
また、ほんのり甘い香りでリラックス効果があり、不眠症の緩和にも使われることがあります。

スポンサーリンク

タイム

ハーブの中でトップクラスの強い殺菌効果と抗ウイルス作用

強い殺菌効果で、風邪やインフルエンザの症状を緩和してくれるといいます。
風邪の引き始めののどの痛み、咳止めとしての効果があります。
痰を取り除く効果もあり、ぜんそくや花粉症の症状も緩和するといわれています。
さらに神経性の頭痛などにも効果があるとされているのです。

タイムは料理にも欠かせない香り高いハーブですよね。
古くから人々の生活に欠かせないハーブだったそうです。
古代ギリシャでは、タイムの香りは優雅さと勇気を象徴する香りとされていました。
その時代の男性にとって「タイムの香りがする人」というのは、最大の褒め言葉だったそうですよ。

清々しい香りと、ほんのりスパイシーな味で、飲みにくいという人もいます。
そんな時は他のハーブティーとブレンドしたものにすると良いですね。

ペパーミント

スッキリ爽快な香り

ミントには、スペアミント、ウォーターミントなど様々な種類がありますが、効果が高いとされるのはペパーミントです。
有効成分、メントール、ミントポリフェノールにはアレルギー原因物質を抑える働きがあり、抗ヒスタミンの成分を含みます。
強い殺菌作用や、発汗作用があり、風邪やインフルエンザの予防や症状緩和の効果があると言われています。
抗炎症作用があるので、のどの痛みや咳を抑える効能もあります。
また、リラックス効果もあるので、就寝前にもオススメです。

多量摂取は避けましょう!

ハーブティには強い効能があることがわかりました。
強い力があるということは、飲みすぎると副作用などの心配もあります。
長期的に飲んだり、1日に何倍も飲むことは避けましょう!
また、妊娠中の方などは、服用を医者に相談してからにしてくださいね!

 

スポンサーリンク